北九州とか旅行したあの日

北九州とか旅行したあの日

かつて私は北九州旅行を下道でドライブした事があります。

 

北九州の小倉と博多には24時間営業の有名なスパがあるので、そこで安く泊まり身体を癒しつつ観光するとすごく安上がりな旅となりました。

 

スポンサードリンク

 

阿蘇山は、独特の匂いこそありますが、熱気や岩肌のゴツゴツした雰囲気は今でも覚えています。

 

火山灰とか展望台で見れましたが今にも噴火してきそうでした。

 

続きまして、由布院では、金竜湖という湖の透明感、清々しい景観に心打たれました。

 

雑貨や民芸を扱ってるお店が多く、山下清美術館などもありました。

 

裸の大将の懐かしい場面が見れるのも楽しい美術館ですが、山下清画伯の絵の一つ一つから魂を感じました。決してこだわりはない、なのになぜにこんなに魂を感じるのか、彼の花火の夜空のアートを見て特にそう思いました。

 

由布院を抜けると別府の地獄巡り、血の池地獄とか、竜巻地獄、など 動物園チックな景観が多かったと思います。

 

泥みたいな、もしくは海みたいなため池から ぶくぶくと蒸気が立ち込めている景観は、ここでしかないでしょう。

 

当然、地獄巡りの後は別府温泉鉄輪の湯に入りました。

 

ここは、とにかく打たせ湯の高さに注目です。とんでもない高さからの打たせ湯だけに、落ちてくる水量も水圧もすごい!けどこの心地よさは今でも覚えています。

 

阿蘇山、由布院、別府は近いので組み合わせたいですね。

 

今度は熊本城も制覇したいです。